たけひとのおひとりさま投資戦略

米国株を中心に投資を行い、2023年までに、年間240万円の不労所得を手に入れます。

高配当ETFウォッチリスト(2019年1月)

こんにちは、たけひとです。

高配当ETFの購入に向けて定点観測を毎月行っていきます。

少なくともETFの分配金は4%欲しいと考えています。

これまで高配当は個別株でないと厳しいと思っていましたが、徐々に利回りが高まっています。日本でも人気の高いETF4銘柄をチェックしました。アップル株の急落と急激な円高もあって相場が動きそうです。

 

【目次】

 

PFF   34.54ドル

12月の安値33ドル前半から1ドル以上あげています、12月下旬の分配金が思ったより多かったこともサプライズでした。分配金の利回りは6%を超えていますが、ETFとはいえ、これ以上の買い増しは悩むところです。正直言いまして34ドル台は買いたい水準です。

 

SPYD 33.85ドル

32ドルを目安に購入を検討しています。年間配当を昨年と同様1.6ドルと仮定した場合、分配金の利回り5%ラインとして算出できると判断しています。

不動産(REIT)と公共事業セクター だけで50%を占めます、過去のデータを見る限りり増配している傾向はあまりなく横ばい傾向ですが、セミリタイア後の安定した配当収入は個別株より向いているのでちょくちょく購入していきたいと考えています。

 

VYM 78.12ドル

分配金の利回り5%、年間配当を昨年と同様2.65ドルと仮定した場合、53ドル付近となりますが、利回り4%だと66.25ドル。いつまでたっても買えないかもしれませんが、もう少し様子をみたいと思います。

約30%を占める金融・消費財セクターの不調によりもう少し下がると予想しています。

 

HDV 84.27ドル

年間配当を昨年と同様3.1ドルと仮定した場合、分配金の利回り5%だと62ドル、4%だと77.5ドル。昨年12月に79ドル前半まで下げたことを考えると・・・80ドル前後での購入を検討したいと考えています。

 

HDVは銘柄入れ替えが頻繁に行われているため、セクターから株価を予測することが難しいところです。しかしながら、プロが判断して自動で入れ替えを行ってくれるのである意味安心できるのではないでしょうか。

 

まとめ

PFF・・・33ドル前半から上昇傾向?12月2回目の分配金がサプライズ

SPYD・・・32ドル前後なら購入したい。

VYM・・・様子見したい(金融と消費財の割合が多いため、ボラティリティが高くなると予想している)

HDV・・・80ドル前後なら購入したい。

 

高配当ながらもそれぞれ主要セクターが異なるのも面白いところですね。*1

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村  

*1:分配金などの情報は念入りに調べていますが、間違いがあった場合はご了承いただきますようお願いします。