たけひとのおひとりさま投資戦略

米国株中心の投資により2023年までに1億円の資産を目指す

資産運用は目標と手段を決めることから始めよう

資産運用において目標(KPI)はとても重要ファクタではないかと思う。

 

例えば

2030年まで1億円貯める

40歳までに年間200万円の不労所得を得る

 

というように具体的な数値を設けて目標をたてると俄然やる気スイッチが入る。

 

その先にある手段はまずは収入を増やすことだと思う。手段も一歩間違えれば目標未達になるためこちらのほうが、さらに重要と考える。

 

1.給与水準の高い企業に就職・転職する。

2.スキルを磨く(社内で唯一無二の存在になるくらい)

3.給料の〇〇%を投資に回す。

4.生活費の節約(月〇万円まで使ってOK)

 

そして投資、これはいろいろなパターンがある。例えば、

 

1.全世界または全米株インデックス投資(月◯万円など)

2.高配当系のインデックス投資(月◯万円など)

3.米国高配当個別株を分散投資(月◯万円など)

4.米国グロース個別株を分散投資(月◯万円など)

 

1のインデックス投資は平均点なので万人受けする。1〜4を組み合わせるのもあり。個別株は値動きが激しい為、株価が下がったときに狼狽売りしてしまう可能性もあるためより慎重に考える必要がありそう。

 

私は配当を重視しているため主に2を選択している。バンガードのETFで例えるなら「1はVTもしくはVOO、VTI」「2はVYM」が該当する。

 

資産運用は株式以外にも債権、不動産、クラウドファンディングなど多々あり。サラリーマンが手軽に資産運用するのであれば株式は手段の1つであることは間違いないかと思う。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ