たけひとのおひとりさま投資戦略

収入を米国株VTIと第4次産業革命QQQに投資するブログ

【2021年11月末】資産運用状況 43か月目

 

こんにちは。たけひとです。11月末の資産状況を公表します。

 

「増税しますね」こんな一言がSNSではにぎわっています。

 

給与が右肩上がりに上がっていればよいのですが、ヨコヨコの場合は事実上減額と同じと捉えてよさそうです。物価の上昇や増税によって手取りが目減りする一方、米国株に夢を託す。そういった日本人がここ数年の間に増えました。

 

全米インデックス投資は資産の増加に時間がかかりますが管理は楽です。アセットアロケーションにより決められた金額を早い時期に投資して、その後は毎月積み立てているだけですから。以前は小型日本株に投資していたこともありますが、あまりに高いボラティリティに心が折れそうになりました。

 

 

資産推移

米国株投資を開始した2018年からの資産推移です。月末集計のため微増していますが、金利の上昇懸念やオミクロン株の影響により12月入っても冴えない展開が続いています。

2018/5より2.06倍の資産増加

昨月比 0.03ポイント上昇

 

f:id:takehito3:20211203171611p:plain

ポートフォリオ

毎月10万円程度を全米インデックスに積み立て投資しています。

<ポートフォリオ上位>

全米インデックス(VTI/楽天VTI/SBI‐VTI)  73.2%

ナスダック100(QQQ+iFreeNEXT Nasdaq100)  20.9%

 

f:id:takehito3:20211203171925p:plain