たけひとのおひとりさま投資戦略

米国株VTIと第4次産業革命QQQに愚直に投資するブログ

【2021年7月末】資産運用状況

 

 こんにちは、たけひとです。 7月の資産状況を公表します。

 

【投資方針7か条】

  1. メインは全米株式インデックス
  2. サテライトはナスダック100インデックス
  3. メインはポートフォリオの60%以上を占めること
  4. サテライトはポートフォリオの15%以上を占めること
  5. 一括投資済み、その後は積み立て
  6. 現金比率は10%~20%
  7. 毎月の積み立ては15万円~

 

資産推移(3年2か月目)

9か月連続のプラスリターンを達成しています。一見地味にみえますが1億円を運用すると1%の増加だけで100万円増える計算になります。

前月より2.2%増加

2018年5月より85.9%増加

f:id:takehito3:20210731093917p:plain

ポートフォリオ

XSOEを売却しました。売却価格は41.16ドル。中国株の暴落前に売り抜けたためタイミングはよかったと思っています。中国のデータセキュリティ法成立によって売る決心を固めました。

それでも新興国ETFは魅力的に映ります。但し今後も人口が増加する国に的を絞りたい気持ちもあります。中国は上海など技術革新の素晴らしい街を知っているだけに投資したくなりますが、2030年頃には人口減少が予測されます。

 

<ポートフォリオ上位>

VTI+楽天VTI  72.8%

QQQ+iFreeNEXT Nasdaq100  19.8%

 

f:id:takehito3:20210731093644p:plain

アメリカ一択といっても差し支えのないポートフォリオです。ETFの組み入れ比率から考えてもGAFAMの割合は高めです。オリンピック開会式のアメリカ入場時には選手団の圧倒的なオーラを感じつつ、同時刻帯に米国株式市場も始まりました。タイミングもばっちりでした。