たけひとのおひとりさま投資戦略

米国株を中心に投資を行い、2023年までに、年間240万円の不労所得を手に入れます。

車を売却した話

こんにちは、たけひとです。

 人生において出費がかかるもの、車を売却しました。

 

【目次】

 

1.売却理由(固定費削減) 

3年間乗ってきた車を手放すことに決めたのは、走行距離が1万キロもいっておらず、いざとなった時はカーシェアで十分と判断したから。

このまま所有していても車の価値は下がる一方ですし、ランニングコストもかさみます。

 

10年以上車を乗り続けてきて、過去に2度ほど新車を購入しました。

これまでのコストを計算すると1000万円以上(新車2台、駐車場、税金etc)以上、使っています。

 

2.一括査定サイトについて

売却は「カーセンサー」の一括査定を利用しました。

リクルート系のメジャーサイトです。

 

一括査定を3社に絞ってポチりました。すると、押した直後、査定会社から電話がかかってきました。もうびっくり。電話が自動でかかるようシステム化されているんですね・・・・。

 

3社の査定時間を同日に設定して、交渉が始まります。査定時間はバラバラです。

 

査定結果は165万円。購入時の60%です。

 

ここで交渉・・・

 

本来なら3社全てに見積もりをとるのが一般的な方法。ですが、そのような方法を取らず「180万円なら即決」でのぞみました。(リサーチでは170くらいが相場??)

 

1社目の査定員に「200なら」とまずは伝えて「180なら即決します」になり、最終的には希望の買取額になりました。査定員の交渉術はさすがです。

(交渉は15分くらい。他の査定会社が30分後に来るので希望額に達しない場合は予定通り、他社の査定と比較しますと伝えました。)

 

そして当日に車を引き渡し、自動車保険(中断手続)及び駐車場を解約しました。

「車のランニングコスト削減」完了です。 

 

3.まとめ

以下、まとめです。

新車の購入は正直後悔しています。できることなら3年前に戻りたいくらいです。

 

あの時に投資を本格的に勉強していたら買うことはなかったでしょうし、最大の浪費だったと認識しています。しかしながら、売ると早期に決断したことで多少なりとも高く売れたことに胸をなでおろしています。

 

その後、ドコモのカーシェアリングサービスを申し込みました。年数回の利用を想定していますが、実際のところ近場への買い物は自転車を使うようになったため、車を使わないことによる弊害は発生していません。本当に使いたいときは、カーシェアリング(年会費も無料)を利用すればいいですしね。

セミリタイアに向けて固定費を減らすことも配当金と同様に重要事項の一つです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村