たけひとのおひとりさま投資戦略

米国株VTIと第4次産業革命QQQに愚直に投資するブログ

【2021年1月末】資産運用状況

 

こんにちは、たけひとです。

目標を達成したこともあり、米国株におけるリターンの素晴らしさを実感しています。生活水準をあげないこと&仕事の成果が認められて収入が増えたことも大きく寄与しています。それでも週末のランチはそれなりの贅沢を楽しんでいます。

生活様式が変わったことはいくつかあります。車はレンタル(カーシェアリング)に切り替え、大都市圏の観光はレンタル自転車を利用するなどちょっとした工夫によりQOLが向上します。普段の食事も宅食サービスを利用する、フィットネスも自宅で行うなど目標達成だけでなく楽しみも増えました。

では1月末の資産運用について報告します。

 

 

年初リターン

 総資産(現金を含む)は2.7%増加しています。下旬はVIX指数が上昇し、資産を減らす結果となりました。楽天VTI、iFreeQQQ( iFreeNext Nasdaq100 index)のスポット買いを考えています、理由は後述します。

 

年初リターン

私 2.7%

VTI   -0.33%
QQQ  0.26%
XSOE 3.88%

 

総資産の推移

  資産推移グラフのなかで資産を大きく下げ始めている、下げたところからの回復があり、この期間は毎日の積み立てを増やすチャンスと考えています。例えば、2020年1月末~8月末のような例です。

 

SNSではスポット買いのタイミングを考えるタイムラインがよく流れてきます。RSI指数が50以下、もしくはFear & Greed Index指数が40以下などマイルールを決めて、退屈なインデックス投資に少しだけスパイスを盛り込みたいと考えます。上記のルールを適用して、毎日の積み立て額を少しだけ増やします。

 

2018/5〜リターン +53%

 

f:id:takehito3:20210131114415p:plain

ポートフォリオ

上位3銘柄に大きな変化はありません。

VTI/楽天VTI 61.85%

XSOE  13.97%

QQQ/iFreeQQQ  13.71%